顧客満足度は価格で決まる!脳科学が証明した人間の価値判断システムとは?

 

闇雲に、商品の金額を安くしたりとかしてませんか?

もし、そうなのであればお客さんの満足度も下がります。

 

顧客満足度を高めたければ商品の価格はあげるべきなのです。

 

 

いのうえ

こんにちは!

脳科学セールスラボの井上直也です!

 

今回のテーマはこちら!

==============
満足度を上げるなら
金額を上げろ!
==============

 

今回の記事を読むと、いろいろと脳みその面白い部分とか、人間ってすごい不思議な生き物だなというのも分かり、それ自体が自分のビジネスにも生かせる話になるのでぜひぜひ読んだあとに実践してみてください。

 

同じワインでも価格が高い方がお客様は美味しく感じる

 

価格だけに限らず人間はどのように物事の評価を下しているのか。

これを解明しようとする研究は世界中で行われています。

 

まず、その中の実験を1つ紹介します。

 

ワインを販売している業者が同じワインを売る時に、

 

◆1万円のワインを販売するときに”3万円”だといって売った場合
◆それとは別に”1,000円”として売った場合

 

を比較したものです。

つまりモノ自体は同じワインで、違うのは伝えた価格だけ

 

そして、お客様に飲んでもらいそのワインに対する満足度を測るためにお客様にワインの評価をしてもらいました。

 

その結果、面白いことがわかったのです。

 

この実験からわかったことは、人々が美味しいと感じて「これ素晴らしいものだったよ」と満足感を感じたのは”高い金額の方で起きやすかった”ということ。

 

↓同じような研究は他にもあります。(リンク先は英語です)

https://www.nature.com/articles/s41598-017-08080-0

 

簡単に要約すると、本来の価格は同じだが種類の違う3つのワインを3ユーロ、6ユーロ、18ユーロと偽って被験者に飲ませた実験です。

 

わかったことは以下の通り

ーーーーー

1、値段は間違いなくワインの満足度と比例する。つまり、価格が高ければ満足度も高い

 

2、人間の脳にはワインを含め全てにおいて値段を聞いて価値を判断する領域がある。

 

3、2の領域は前頭前皮質という部分にあり、brain’s valuation system(価値判断システム)と呼ばれる。そして、この領域は味覚を支配している領域とリンクしている。

 

4、価格を知ってからこの価値判断システムの領域が興奮し、味覚を支配する領域とリンクに影響を及ぼすことで価格と満足度が比例する現象が起きる。

 

5、これには個人差があり、この価値判断システムの反応が大きい人ほど価格で商品を評価する。

ーーーーー

※この価格の影響は、テイスティングをしてから早い段階で最終的な評価に影響していることもわかっています。詳しく説明すると脳の構造の話も入るので省きますが、要は口にしてからかなり早い段階で「価格が高い=美味しい」と結論づけているということ。

 

 

全く同じ味、全く同じブランドにもかかわらず高い金額のものを飲んだ方が、何か美味しいと感じるその脳波、美味しいなと思う脳波がより多く分泌されたということです。

 

安いものは「安いんだ」と認識したまま飲むから、満足度も低いのです。

 

 

価格が安ければその分商品の顧客満足度も下がる。

 

 

先ほどあげた研究結果は、あなたが扱う商品にも例外なく当てはまります。

 

例えば、先ほど紹介したワインの実験は有形商品ですが、無形商品でも同じように価格と満足度は比例します。

 

例えば、セミナーなどは無形商品ですが、セミナーでも5,000円のセミナーで話す内容と、3千円のセミナーで話す内容が全く同じ内容にも関わらず、5,000円出した人の方が反応がよく満足度も上がります。

 

 

 

 

しかし、適当に値段を高額に釣り上げれば良いのかというとそうではなくて、注意点があります。

 

例えば、5,000円で話すレベルの話を例えば20万円とか取ったら「いや、これおかしいんじゃないか」ってなってしまいます。ぼったくりが良い例ですが、商品ごとに相場観が存在するので明らかに高すぎる価格設定はしてはいけません。

 

また、値段をあげるということは、逆に当然売る時に経済的な理由で断られる確率が上がるのでそこは上手くバランス取って欲しい部分ではあります。

 

 

 

あくまで、ある一定の範囲内で、例えば10,000円なのか、5,000円なのか、3,000円に設定するかと価格を設定するケースでは、お客さんの満足度だけで見る場合、10,000円の方が一番高いということです。

 

 

 

 

闇雲に商品の金額を下げてしまうと、お客さんからの満足度、それに商品に対する信頼も下がってしまいます。なので、よほどのことがない限りは、価格は下げない方がいい良いです。

 

下げるくらいなら少しずつでも上げてった方がいいですね。上げていけばいくほど、お客さんの満足度は高くなり、より口コミも起きやすくなっていきます。

 

 

 

ぜひ、そこまで考慮した上でビジネスに取り組んでみてくださいね!

 

ちなみに、お金を払えば払うほどその人や物事に依存するという話も別記事で書いていますのでお時間があったら読んでみてください。

 

 

まとめ

********************
<今日のまとめ>
お客様の満足度を上げたいなら
価格は高く設定しよう!
********************

 

いかがでしたでしょうか?

もしこの内容が面白いとか、役に立つなと思ったら、ぜひシェアしていただけると最高にうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



〈記事が参考になったという方は、↓の応援クリックをポチッとよろしくお願いします!〉


にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村ランキング


人気ブログランキング


よく読まれている記事はこちら

営業のコツと売れる話し方!プレゼンからテレアポまで全てに活きる感情を動かす方法とは?

営業におけるクロージングのテクニック23選|事前準備から契約までを徹底網羅!

無形商材の営業のコツと極意9選|有形商材との営業手法の違いとは?



セールスで使えるたとえ話100選プレゼント!


セールスに使えるたとえ話100選プレゼント中
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事