プロスペクト理論とは?具体例やFXなど投資においての克服方法について解説

 

いのうえ
こんにちは!
脳科学セールスラボの井上直也です!

 

今日は行動心理学の「プロスペクト理論」に関しての記事になります。

 

プロスペクト理論とは、人間の心理傾向の一つで、政治や恋愛、キャッチコピーや投資の場面など、私たちの生活の中の様々なところに影響を及ぼしています。

 

今日は、日常でみられる具体例をあげながらプロスペクト理論について解説し、投資家やFXなどのトレーダーに向けてプロスペクト理論の克服方法についてもお伝えしていきます。

 

 

 

無意識にした行動が結果的に損をする結果になった、なんて経験は誰でも一度はあると思います。プロスペクト理論は、あなたの日常の中での利益や損失に関する心理学です。

 

この記事を読むことで、あなたの日常を損少利大(日常的な損を少なくし、得られる利益を大きくする)ことができるので、きっとプライベートや仕事で役に立つはずです。

 

是非最後まで読んでみてください。

 

 

 

プロスペクト理論とは?

プロスペクト理論とは、ダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーによって発見された人間の心理傾向の一つで、

 

人は利益を求める場合では確実に利益を手に入れることを考え、損失を被る可能性のある時はその損失を回避することを優先して考えるという行動心理学の理論です。

 

すごく噛み砕いて簡単に説明すると、「人は基本的に安定志向」だということ。

 

ですが、それに加えて、一方で「大きな損失を抱えている状態のときは、損失を帳消しにするために、普段より大きなリスクを取りやすい」ということも頭に入れておいてください。

 

 

 

 

また、この理論の特徴として、選択をする際の判断材料の1つである期待値の効力が薄くなるという特徴があります。

 

期待値とはお金を賭けて、どの程度リターンがあるのか、つまりどれくらいのお金が返ってくるのかを数字にしたもの。

 

有名な例でいうと、「コイン問題」です。

 

これはコインを投げてその結果に応じて、お金を手にするか、手持ちのお金を失うといった状況に置かれたときに、どの選択肢を取りやすいかというものです。

 

 

 

みなさんだったら以下の選択肢からどちらを選択しますか?

 

A、投げる(表が出たら100万円を獲得、裏が出たら50万円を失う)

B、参加しない(何もせず20万円を獲得できる)

 

どうでしょうか?

多くの人は「B」を選択するのではないでしょうか?

 

 

 

 

一応Aの方も、裏が出たら50万円を失う可能性があるものの、表が出る確率も裏が出る確率も50%なので、期待値的には成功した時の獲得金額が多い分参加者に有利な設定になっています。

 

しかし、50万円を失うリスクを嫌って、損失を避け確実に利益を得るために「参加しない」という選択肢を取る人が増えるのです。

 

 

 

こういった心理傾向のことをプロスペクト理論と呼ぶのです。

 

プロスペクト理論は、恋愛や政治、キャッチコピーや投資など様々な場面で利用されています。

下で、プロスペクト理論の例には、どのようなものがあるのかをまとめました。

 

 

 

プロスペクト理論の具体的な例

ここからは、プロスペクト理論についての理解を深めていただくため、プロスペクト理論の具体的な例について解説していきます。

 

 

 

まず、一番身近な「恋愛」の例について。

 

恋愛でいうと、好きな人を食事に誘いたいときに「連絡していいのかな?」とか思ったり迷ったりしたことはありませんか?

 

もしくは、付き合いたいと思っている相手に「告白したいけどどうしようかな?」とか迷ったり、付き合っている相手との今後を考えて、「本当にこの人でいいのだろうか?」と思って別れることを考えてみたり。

 

これもプロスペクト理論が働いています。

 

 

 

 

デートに誘うときに「連絡していいのかな?」と思うのは、相手が迷惑に感じたり、しつこいと感じて嫌われているリスクを避ける心理が働いているからで、

 

告白を躊躇するのも、断られるリスクやそうなった場合に今の関係が壊れてしまうリスクを避けるためです。

 

「本当にこの人でいいのだろうか?」というのも、別れた場合に失った時間のことを考えたり、将来的に後悔しないかなというリスクを考えてのこと。

 

こういったように、損失を回避したい欲求は私たちの日常でよく見ることができます。

 

 

 

 

政治でも、国がある程度安定している場合には、革命的な政党よりも保守的な政党の方が表を集めやすいです。これも、もし革命的な政党が当選した場合のリスクを想定するからです。

 

ちなみに、先ほど説明したように、人間は損失を抱えている状況においては、一発逆転を狙い多少リスクの高い選択をします。

 

 

 

だから、国民の政府に対する不満が爆発したときに、革命(つまり多少リスクの高い選択肢を選択する)は起きるのです。

 

また、損を回避し確実に手に入る利益を取りたがる心理傾向であるこのプロスペクト理論は、投資の場面で頻繁に出てきます。

 

 

 

プロスペクト理論を知らない投資家は必ず負ける

プロスペクト理論は、投資の場面でよく用いられます。

 

おそらくFXなどで勝ち続けているトレーダーや投資家の中に、プロスペクト理論を知らない人はいないはずです。

 

 

 

 

投資において、人は利益が出ている状態では、早く利益を確定させようとします。逆に損失が出ている状態では損切り、ロスカットをなかなかできずに、結果的に大損こいたりするわけです。

 

よく「コツコツ、ドカン」と表現されますが、コツコツ確定させた利益を損切りできないことによりある日ドカンと資金を失い結果的に大きく損失を出してしまうことをいいます。

 

利益が出ている状態のときは、「下がってマイナスになる前に早く利益を確定したい」と思い、逆に損失が出ているときは「ここからまだ上がるかもしれない」と考えます。

 

本当に上がるなら問題ないのですが、ずっと下がり続けることもあるので、そういったときにコツコツ確定させてきた利益分をドカンと失ってしまうのです。

 

 

 

投資だけに限らずギャンブルでも同じです。

 

例えば、パチンコで負けているのを取り返すために、やめておけば良いものをさらに多くの資金を突っ込む行動もこのプロスペクト理論の心理が働いています。

 

人間は損をしている状態から早く抜け出したいので、損失を抱えている状況においては、早く負けた分を取り返そうと一発逆転を狙いリスクの高い選択をしてしまうのです。

 

 

 

FX初心者必見!プロスペクト理論を克服するには?

最後は、プロスペクト理論の克服方法について。

 

FX初心者にとっては、プロスペクト理論を克服できるようになることで、より冷静に利確と損切りの判断ができるようになり、トレードで資金を飛ばしてしまうことを防ぐことができるので、ぜひ参考にしてください。

 

プロスペクト理論というのは、人間の心理傾向ですので、まずはこの記事で説明した内容を理解して「こういう風に考えてしまいやすいんだな」と頭に入れておくことが重要です。

 

しかし、それをやっても損失回避と利益を確実に確保したいという心理傾向がなくなる訳ではありません。

 

プロスペクト理論を投資で克服する方法は、トレードから感情や思考を切り離すことです。

 

 

 

 

具体的には以下のような方法があります。

 

・適切な資金でトレードをする

・ルールを作ってそれを必ず守る

・なるべくチャートを見ない

などなど

 

 

 

 

まず、適切な資金(なくなってしまってもいい資金)でトレードをすること。「この金がなくなったらやばい」というお金を投資してしまうと、ついつい感情的になってしまいます。それを避けるために、”どうでもいいお金”を使ってトレードをすることが重要なのです。

 

それに加えて、期待値の高いトレードルールを作ってそれを必ず守ることと、注文を出したらチャートをなるべく見ないようにすることが効果的です。

 

 

 

 

チャートを見てしまうとついつい感情が入ってきたりして、ルールを破って損切りしたり利確したりしたくなってきます。

 

だから、エントリーをした段階で利確位置と損切り位置を設定しておいて、あとは放置といったように、チャートを見ないようにすることが効果的なのです。

 

「根本的な解決にはなっていないじゃないか」という方もいるでしょう。

でも、これが一番効果的なのです。

 

 

 

恋愛でも「好きになってはいけないのに嫌いになれない」とかいうことあったりするじゃないですか。

 

告白して振られてるのに諦められないとか。

 

そういう時も一番効果的なのは、「会うのをやめること」だったりするんですよね。

 

恋愛でも最初は「やっぱり会いたい」と思ってしまうように、投資においても「ついついチャートを見たくなる」ことはあると思います。自分の大事なお金ですからね。

 

そこをグッと堪えられるようになることで、勝てるトレーダーに一歩近くのです。

 

ぜひ実践してみてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今日は行動心理学のプロスペクト理論について解説しました。

 

この記事で解説してきた通り、私たちの日常の中の「利益」や「損」に関する選択に大きく影響しています。こういう心理傾向があることを頭に入れておくことで、冷静に判断でき、損をしたり、利益を取り逃がすことを避けることができると思います。

 

ということで今日の内容はここまでになります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



〈記事が参考になったという方は、↓の応援クリックをポチッとよろしくお願いします!〉


にほんブログ村 経営ブログ コーチへ
にほんブログ村ランキング


人気ブログランキング


よく読まれている記事はこちら

営業のコツと売れる話し方!プレゼンからテレアポまで全てに活きる感情を動かす方法とは?

営業におけるクロージングのテクニック23選|事前準備から契約までを徹底網羅!

無形商材の営業のコツと極意9選|有形商材との営業手法の違いとは?



セールスで使えるたとえ話100選プレゼント!


セールスに使えるたとえ話100選プレゼント中
  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事